読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

29歳で市役所上級に合格した理系人間の短期勉強法ブログ

29歳で地方公務員(市役所上級)に合格した理系人間の勉強法を公開しています

自己紹介

初めまして、hntanakaと申します。

私はこの度、平成28年度地方公務員(市役所上級)試験に合格しましたので、その記録として勉強法などをここに書くことにより、次に受験する人へのアドバイスとなればと思っています。

 

 まず、前提として強調しておきたいのが

「私は根っからの理系人間」であることです。

 

 

 

理系の人と言えばたいてい学生時代、国語や公民、社会などの教科から目を背けて(あるいは一夜漬けで対応)してきた人が多いのではないかと思います。

そんな理系人間でも行政事務の試験に合格したということで、理系の受験者への勇気づけとなれば幸いと思っています。

 

私自身の自己紹介としては、

 高校:理系を選択(ちょっとだけ優秀なクラスに在籍)

 大学:某、近畿の4難関私立大学の情報学科

 社会人:離職を1回しつつも、28歳までずっとプログラマー

という経歴です。

資格は情報技術者の資格しかなく、新聞も本も読む習慣のない活字離れした人間でした。

ネットニュースやまとめサイトのみで世界を知っているという典型的なネラーですね。

例えるなら、iPhoneの新作についてはいち早く情報を得ていますが、「TPPって何?おいしいの?」という感じです。

 

こんなヤツでも合格に至ったということを踏まえて、

以降の記事を読んでいただければと思いますm(_ _)m